人体百図

http://daikoku.ndc.co.jp/2820698 人体百図|GALLERY LETA 人体の部位を表す言葉と、そこからイメージされるヴィジュアルを組み合わせて、個展用に制作した作品群。 人体は不可解である。誰もが持っていながら、誰も知らない異様さ。 「人体百図」はそのような人体の部位を表す言葉と、そこからイメージされるヴィジュアルを組み合わせて制作している。意味と造形の関係性が成立する際どい部分を探りながら、造形としての美しさ、危うさ、違和感などを重視している。グラフィックの集合体が、わら半紙の束になり、さらに謎なものをつくってしまった感じがするが、私の人体の解釈を少しでも愉しんでもらえればと思う。(東京ADC原弘賞受賞コメントより) - AD+D+I 大黒大悟/Ph 細川類・高野駿/2010/GALLERY LETA 100 Graphics of Anatomy | GALLERY LETA A series of works made for a solo exhibition with each work consisting of the word for a part of the body and visuals inspired by that word. "The human body is a mystery. Everyone has one, and yet there are also elements that remain unexplained. '100 Graphics of Anatomy' is made by pairing a word for a part of the body and a related visual image. While probing the line where the connection between the meaning and the form approaches the nonsensical, these works emphasize the beauty, danger, and strangeness of the body as a form. The collection of graphics on straw paper may make its subject an even greater mystery than it was originally, but I hope you enjoy my interpretations of the body." (Remarks on acceptance of the Tokyo Art Directors Club's Hara Hiromu Prize) - AD+D+I. Daigo Daikoku/Ph. Rui hosokawa, Shun Takano/2010/GALLERY LETA

11